MENU

アイフルホームの展示場はどこにある?マイホームを考えたら初めにする事

「よし!家探しだ!」と意気込んでも、初心者の方なら何から手を付ければいいのか分からなくなるはず。そこで目を向けるのが「住宅展示場」です。ほとんどの住宅メーカーが展示場で見本となる住宅を展示しており、アイフルホームも同様に全国的に展示場を展開しています。

 

「でも家を見るだけじゃなくても相談もしたい」と考えているのならなおさら展示場がおすすめです。ではこの展示場をおすすめする理由、マイホーム購入初心者の為の大事な事、そしてアイフルホームの展示場がある場所をご紹介します。

 

▼アイフルホームを含む複数社の間取りプラン・費用の比較が簡単に!▼

 

全国各地アイフルホームの展示場のある場所

 

 

全国展開を実現しているアイフルホームは、展示場もまた全国各地で展開しています。北は北海道、南は鹿児島県までずらっと展示場が設置されアイフルホームの住宅の魅力を余すことなく発揮します。

 

しかし全国47都道府県全ての県に設置している訳ではなく、中には展示場のない県もあります。そこでまずは展示場が設置してある県をずらっと一覧でご紹介します。

 

北海道

北海道

東北

青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

関東

栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県

中部

長野県・静岡県・三重県・新潟県・石川県・山形県・岐阜県・愛知県

近畿

滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県

四国

徳島県・愛媛県・香川県・高知県

中国

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

九州

福岡県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

 

 

展示場や営業所が無い地域もあるものの、ほぼ全国展開を行っているアイフルホーム。各展示場ではその都度キャンペーンやイベントも実施しているので、まずは近くの展示場を探し足を運ぶことをおすすめします。

 

マイホームを考えた時、まずは「イメージ」を大事にする

 

 

住宅購入を前向きに考え始めた時、まず何をすればいいのでしょうか。すでに紹介している展示場へと足を運ぶこともOKです。展示場では家を見るだけでなく、係の人間と様々な相談を行うことが可能です。

 

相談には「間取り」「資金」「新築か建て替えか」など細かな部分にまで目を向けてくれるので、困った時は専門の人間の話を聞くことも重要になります。

 

しかし展示場へと行くとどうしても営業の力に圧倒されてしまいます。ある程度の営業は覚悟で行くことをおすすめしますが、展示場に向かうでも自分で出来ることというのはあるのです。では展示場に向かう前に、マイホームの購入を検討し始めた時に自分でできる事をご紹介します。

 

家のイメージを持つ

 

間取りや外観、どこにこだわりを持つかで家1つと言えども大きく変わってきます。もし小さな子供がいるのなら、子供にとっても安全な家造りを心がける、平屋にするのか2階建てにするのかも大事なポイントです。これから自分が住むことを頭の中にイメージすれば、家造りもスムーズに進むかもしれません。

 

予算を考える

 

ある程度の予算を頭に入れておくのも大事です。アイフルホームのようなローコストメーカーなら1,500万円前後で建設は可能ですが、大手住宅メーカーにもなるとその額は一気に上がります。今の生活とこれからの生活を考えて予算を組み、それを相談材料として展示場へと足を運べば展示されて住宅の味方も変わるでしょう。

 

土地問題

 

家を建てる場所もまた大きな問題となります。特に今自分がすでに土地を所有し家を建てているのなら、その建物を壊して家を建てるという方法も存在します。もし土地がないのなら土地ごと購入することになりますが、まずはその辺りを確認しておく必要があります。

 

家の基本を調べておく

 

家を購入する際には初心者ではなかなか知り得ない難解な言葉の数々が登場するはずです。断熱性を表す「q値」、気密性を表す「c値」など、いずれも住宅性能を見る上では1度や2度は目にするはずです。こうした難解な言葉を完璧に覚える必要はありませんが、スムーズに相談を進めるのなら簡単に調べておくだけでも効果はあるはずです。せっかくの新しい家なら快適に暮らすに越したことはありません。

 

まとめ

 

 

順序としては、まずイメージを想像しながら簡単に住宅建設の基本的な情報を調べてみる。予算など前もって希望を出し、いざ展示場へと足を運び実際に家を見ながら営業の人間と相談を行う。

 

住宅建設となればそれなりに時間を要します。前もって用意をしているからといって、すぐに購入や建設が行われるわけではありません。じっくりと考え相談し購入へと移るのです。

 

マイホームは憧れ。誰もが憧れる大きなテーマであるので、ゴールに向かう為の最初の一歩はじっくりと踏みしめたいです。

後悔しない家づくりのために!

\あなたオリジナルのプラン作成・費用がわかる!/