MENU

アイフルホーム建売と注文住宅どっちがおすすめ?メリット・デメリット

家を購入する際に考えるのは「注文住宅」にするか「建売住宅」にするか、ではないでしょうか。この2つの住宅形態は大きく違い、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

 

そもそも注文住宅と建売住宅に関する違いがよく分からない、という方もいるかと思います。まずは簡単なそれぞれの特徴を説明し、メリット・デメリットをお伝えします。

 

▼アイフルホームを含む複数社の間取りプラン・費用の比較が簡単に!▼

 

アイフルホームが提供する2つの住宅

 

アイフルホームの公式サイトを見てもらえば分かるかもしれませんが、そもそもアイフルホームが目玉商品として提供しているのは注文住宅です。やはり家造りを考える人にとっても1番の憧れであり、それだけ高い需要があるということ。

 

まずはこの注文住宅の特徴をご紹介します。

 

アイフルホームの注文住宅

 

注文住宅とはその名の通り「購入者が様々な注文を行い建てる住宅」です。イチから事細かに自分の希望を伝えることができ、住宅メーカーの自慢の設備と自分の要望が見事にマッチした夢の住宅となるのです。

 

とはいえ真っ白な状態の住宅にイチから設計を行うのは初心者には難しいもの。そこでアイフルホームはいくつかの商品ブランドを展開し、それぞれのコンセプトのもといくつかの特徴的な住宅を提供しています。

 

爽やかな光溢れる2階建て「セシボ」、広々空間を実現した平屋「AYA」などアイフルホームの目玉として既に人気を集めています。

 

アイフルホームの建売住宅

 

もちろんアイフルホームは建売住宅だって販売しています。そもそも建売とは「既に建てられている家」であり、注文住宅のようにイチから作り上げるという憧れの部分では少し劣ってしまいます。

 

公式サイトではどうしても注文住宅の情報に偏ってしまいがちですが、どうしても分からない時は直接展示場へと足を運ぶといいでしょう。ちなみに住宅探しをする中で見かける「分譲住宅」という言葉、今では建売とほとんど同じ意味で使われています。

 

アイフルホームの注文住宅と建売住宅、結局どっちがおすすめなのか。

 

一概に「こっちがおすすめ!あっちもおすすめ!」とは言えないほど難しい選択になる注文住宅と建売住宅、その理由はどちらにもメリット・デメリットが存在するからです。ここでもまた1つずつご紹介、それぞれのメリット・デメリットを知ることで自分に合った家探し、家造りが出来るのではないでしょうか。

 

アイフルホームで選ぶ注文住宅

 

メリット

 

・間取りから外観まで自分で選べるイチからの家造り。
・個性に溢れた自分だけの家。
・予算の上下が可能。
・建設中にも細かいチェックが可能。
・こだわればこだわるほど家自体の価値が上がる。

 

デメリット

 

・こだわるあまり価格が予算をオーバーする。
・相談から入居までに時間が掛かる。
・完成前と後のギャップ。

 

 

アイフルホームで選ぶ建売住宅

 

メリット

 

・注文住宅に比べて安くすむ。
・即入居が可能。
・相談からスムーズに進むことが多い。

 

デメリット

 

・間取りなどが既に決められているため自由度はない。
・完成品となるため後々欠陥が出ることもある。
・改築は難しい。
・アフターサービスの対応が不十分。

 

それぞれで紹介したメリット・デメリットはもちろんですが100%当てはまるという訳ではありません。一部でこういったことが囁かれているだけで、上で紹介したメリット・デメリットが発生しないこともあり得ます。

 

あくまで目安として参考にしていただけると幸いです。

 

まとめ

 

注文住宅と建売住宅、どっちを選ぶかは購入者次第。メリット・デメリットを見て理解し、自分に合った方を選択するのが一番のおすすめです。価格だけを追い求めるのなら建売、やっぱり自分で作りたいという方は注文になるでしょう。

 

どちらも自分がこだわった部分があれば納得できるはず、まずはしっかりと相談できる営業の方を探してみてください。

 

あわせて読みたい記事

 

アイフルホームは★位でした^^

後悔しない家づくりのために!

\あなたオリジナルのプラン作成・費用がわかる!/