MENU

アイフルホームは値引き可能?知っておきたい値引率と交渉方法

住宅価格の目安となるのは坪単価。アイフルホームが提示している坪単価の最も安いものでは20万円代という驚きの数字で、安さを第一に考える人には注目の的となっています。

 

この坪単価20万円代というのは、アイフルホームが独自に提案している「i-Prime7」という商品で実現されている数字です。この商品はインターネット販売限定というメーカー業界でも異色な存在となっています。

 

アイフルホームがとびきりの安さを提案しているのは分かりました。では住宅購入の際の常套手段でもある「値引き」を、この驚異的な安さを提案するアイフルホームでも使えるのでしょうか。

 

▼アイフルホームを含む複数社の間取りプラン・費用の比較が簡単に!▼

 

さらなる安さを求めてアイフルホームで値引きをしたい!

 

 

坪単価20万円以下~という安さを発揮しているアイフルホームですが、そもそも低価格な住宅メーカーなのに値引きを行っているのかどうかにまず疑問が湧くところです。

 

アイフルホームのような低価格を提案している住宅メーカーは値引きに一切対応しないというところも多いので、そもそも低価格なメーカーなのでほとんどの人は諦めてしまいます。

 

しかしアイフルホームでは一部では値引きに対応しているという声も聞こえており、100%ではありませんが期待は出来るかと思います。その額にして「100万円」が値引き率の相場だと言われているので、さらに安くすることは十分に可能だと言えるでしょう。

 

予想される最終価格

 

インターネット限定販売となる「i-Prime7」は700万円代からスタートと驚きの低価格、しかしここでは一旦この商品のことは忘れて通常の商品のことを考えましょう。

 

アイフルホームでは坪単価20万円代〜という数字を発表していますが、この数字で決まる人はほとんどいません。相談をするに当たりどうしても坪単価は上昇し、最終的には40万〜50万に落ち着くと言われています。

 

ではそこで予想される最終的な住宅の価格は約1,500万円前後といったところでしょう。そこから上手くいけば100万円程度の値引きが出来ると考えればかなりの安さが実現します。もちろんこれは全てが上手くいった場合の価格です。ここからはこの値引き交渉をスムーズに行う方法をご紹介します。

 

アイフルホームで行う上手な値引き交渉

 

 

「安くして!」といきなり声をかけてもなかなか良い返事は返ってきません。それもそのはず。出来る事ならメーカー側は値引きは抑えたいものです。ですがこちらもそうはいきません。なるべく安く買うことを1つの目標として相談に来ているのです。

 

そこでアイフルホームで値引きを行う上手な方法をご紹介します。これは同時に注意点にもなり得るものなので、実践する前にしっかりと理解することが必要です。

 

アイフルホームでの値引き交渉方法「必ず契約前に」

 

値引き交渉を行う際の最も基本的なことがこれです。契約を交わした後の値引きはできません、契約前の見積もりをもらった時点で相談することが必要です。契約を交わした後に話を持ち出すと、思いがけないトラブルになってしまうかもしれません。なので契約する際には最後の最後までしっかりと確認することが必要となります。

 

アイフルホームでの値引き交渉方法「タイミングを見計らう」

 

タイミングというのはつまり「時期」のことです。住宅メーカーには1年の内に幾度か販売に力を入れる時期が存在します。正月やゴールデンウィークなどがそれに当たり、キャンペーンなどを行うところも多く見られます。そんな時こそチャンスです。どうしても契約が欲しいと思っている時期なので、その時になら多少の値引きに対応してくれる可能性も上がります。もちろん100%とは言えませんが、このタイミングを逃す手はないでしょう。

 

アイフルホームでの値引き交渉方法「他社との比較」

 

これもまた値引き交渉の際の基本となる方法です。まったく違う他のメーカーの見積もりを持って相談するのはもちろん、そのメーカーがライバルとしているメーカーを引き合いに出すのも効果的。アイフルホームはフランチャイズなので、他の加盟店との比較をするのもいいかもしれません。

 

アイフルホームでの値引き交渉方法「無理はしない」

 

アイフルホームでは100%値引きに対応してくれるという訳ではありません。中には電話での相談の際「値引きはしません!」と強い口調で言われてしまった方もいるぐらいです。あくまでも可能性の話として、あまり無理に値引きの話を持ち出すのはおすすめできません。担当者との関係が悪くなることは今後の相談だけでなく、もし家が決まった際にも支障が出てしまいます。

 

まとめ

 

 

価格の低さを求めアイフルホームを選択する人も多いはず。そして値引きを行うことで、さらなる安さを実現できればこれ以上に嬉しいことはありません。

 

しかしアイフルホーム側も商売です。あまりにも低い金額を要求すると折り合いが悪くなることも予想されます。最終的にはやはり人間関係が物を言うことになるので、過度な要求はせず良い関係を築きながらの値引きを実践してみてください。

後悔しない家づくりのために!

\あなたオリジナルのプラン作成・費用がわかる!/