MENU

アイフルホームの価格交渉術@品質を落とさず価格を下げるには

 

 

「坪単価20万円代」という既に魅力的な価格を提示しているアイフルホームですが、一方で多くの声が挙がっているのがオプション料金の高さです。オプションをまったく付けないという選択肢もあるのでしょうが、注文住宅などでは結局オプションでいくつか付け、最終的には当初の予定より価格が増しているということも少なくありません。

 

しかし住宅購入には必須の手段ともなっている「値引き」を行うことも忘れてはいけません。上手に交渉すれば最終的な価格の減少にも繋がります。

 

「上手な交渉」は必須ですが、難しいのもまた事実。理想的な価格へと繋げる為のアイフルホームでの価格交渉術をお教えします。

 

▼アイフルホームを含む複数社の間取りプラン・費用の比較が簡単に!▼

 

アイフルホームでの値引きの可否

 

 

住宅メーカーでは、値引きはもはや当たり前にもなりつつあります。「ならばアイフルホームでもできるはずだ」、という考えは少し待ってください。そもそもアイフルホームでは値引きは可能なのか、それを見極める必要があります。

 

1軒の住宅を購入しようとするならば、安いところでは1,000万円〜2,000万円、大手有名メーカーにもなれば3,000万円〜4,000万円という価格になるのは周知の事実です。アイフルホームはローコストメーカーとして比較的安く提供しており、坪単価も大手に比べれば抜群に求めやすい価格となっています。そんなローコストメーカーは、そもそもの価格の低さから「値引きを受け付けない」という体制を取っている所も多いのです。

 

ではアイフルホームもまた同じように値引きには対応しないのでしょうか。実はこれははっきりとは言えないのです。

 

フランチャイズとして展開するアイフルホーム

 

はっきりと言えない理由はアイフルホームの展開する「フランチャイズ」という体制があります。全国に多数存在する工務店がアイフルホームの加盟店となり工事を担当。それにより常に統一された商品を展開しています。

 

しかし工務店により管理されることで、資材コストなど加盟店により若干の差が生じるというデメリットが生じます。この差が「値引き」にも現れることで、一概にも値引きが可能とは言えないのです。

 

期待はできないけど不可能ではない

 

加盟店により差が出る、当初から低価格での提供と値引きに関してはあまり期待が持てないアイフルホームですが、可能性はまったくのゼロというわけではありません。ゼロではないのなら交渉してみる価値は十分にあり、より安く住宅を手に入れるチャンスでもあります。

 

ではアイフルホームでの価格交渉、値引きのチャンスについてご紹介します。

 

アイフルホームで価格交渉、品質はそのままに安く家をゲットする

 

 

まず最初にいくつか注意点をお伝えします。すでに伝えている通りアイフルホームでは価格交渉に応じてもらえないことも頭に入れておかなければいけません。そのため可能性があるからといって強引に交渉することはおすすめできません。それを踏まえた上で、交渉を行う為の方法をご紹介します。

 

可能性が高いタイミングを狙う

 

住宅購入には最適な時期というものが存在します。年中いつでも同じように販売しているわけではなく、多くのメーカーがある時期にキャンペーンなどで人を集めます。その時期はメーカーも購入者をどうしても作りたい時期、つまり価格交渉を受けてでも仕事を進めたいのです。多くのメーカーは正月やゴールデンウィークなどにキャンペーンを実施して、その他にも幾度かキャンペーンを行うこともあるのでこの時期をチェックすることが必要です。

 

数か所の加盟店で比較する

 

加盟店ごとに差が出るのなら、数店舗で出してもらった見積もりで比較すれば交渉は上手くいくかもしれません。同じ加盟店同士でも、他の住宅メーカーでもいいでしょう。

 

直接的な価格ではなくおまけをもらう

 

あまりにも無謀な価格交渉は、担当者や職人に悪い印象を与えることにもなりかねません。住宅の品質を落とすことにも繋がるので、一方的な価格交渉は避けた方がいいでしょう。その代わり、価格を下げるのではなく、ちょっとしたオプションを無料で付けてもらうこという手もあります。これなら実質的な価格の低下にも品質の維持にも繋がるはずです。

 

まとめ

 

 

価格交渉は可能です。でも忘れていけないのは無理はしないこと。価格交渉に対応してもらえるかは時期や人、場所によりけりなので対応してもらえればラッキー程度に思っているのがいいかもしれません。

 

他住宅メーカーよりも幾分も安く設定されているのが特徴のアイフルホーム。値引きに当たり前という意識を持つのは禁物です。時期や場所を見極めて上手な交渉を行ってみてください。

後悔しない家づくりのために!

\あなたオリジナルのプラン作成・費用がわかる!/